造り付けの小さな食器棚のおかげで、キッチンがすっきりしました。

キッチンのリフォームをした時に、迷いながらも設置して本当によかったと思っているのが、造り付けの食器棚です。
よくよく考えてみると、毎日使う食器の種類は意外なほど少ないのです。小さな食器棚を取り付けたかわりに、それまで使っていた大きな食器棚は処分しました。ご飯茶碗や小さめの取り皿など、家族分の食器を入れるだけなら、造り付けの小さな食器棚で十分なのです。滅多に使わない大皿や、季節ものの食器は買い置きの食品を入れる棚の下にスペースを確保してしまっています。来客用の食器は滅多に使わないと割り切って、キッチンのシンクの下の奥にしまいこんでいます。
キッチンのスペースが確保できるだけでなく、小さな食器棚なので食器をしまう位置が自然と決まり、家族も皆きちんと守ってくれるようになりました。
それまでは、食器棚の空いたスペースに買い置きの食品やラップなどを入れたりして、乱雑になっていましたが、それもスッキリ。様々な面で、ムダを省けたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です