マイホームの給湯器に対するちょっとした工夫

わが家の給湯器に関して行ったちょっとした工夫といえば、「給湯器を人目につかない場所においたこと」です。わが家の給湯器は、一室設けたパントリーの中に設置しました。給湯器が縦長に大きかったのですよね。ですから廊下や風呂場に出しては、余すところなく存在感を発揮してしまうと思いまして、それでパントリー内部に給湯器を設置したのです。

そもそもわが家のパントリーはキッチンの横にあり、そしてパントリー天井近くには家のブレーカーが一式そこに設置されています。ですから給湯器もそこにおくことで、マイホームの管理をしやすくしているのです。管理は一箇所で行う方が何かと都合がいいじゃないですか。

そして大きな給湯器があるわけですから、人目につく部屋のどこかに出していては、「あー、給湯器あるなー」と、何かの拍子に意識することになるでしょう。だからこそ、給湯器はパントリー内部という収納部分に置いて家の中をスッキリとさせたのです。それがわが家の給湯器に関する工夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です